これで603km走りました。

健康

以前はといえば、ランニングシューズは底がすり減るまで使っていた。何年使ったとか、何キロ走ったとかは全く意識せず、見た目で「さすがにこれはダメだな」となるくらいまで使っていた。

それが、正確にいつだったかは記憶にないのだが、安物のランニングシューズで数回走った際に膝と足首を痛めてしまう経験をしたときに、年齢のこともあり、クッション性を注視するようになった。

んで、ちょうど1年ほど前から使い始めたのがこれだ。

Hoka One Oneとか、聞いたことがないブランドだったのだが、クッション性という点ではピカイチというネットの評判を信じ、少々奮発して購入した。

「なんだ、このグニャグニャ感は!?」が第一印象だったが、しばらく走ってみると確かに膝も足首も痛くない。細かい理屈は抜きにして、私の場合、それだけで満点。

ただ、ネットなどでもよく言われているが、ランニングシューズは500〜600km走れば寿命ということがわかった。見た目が問題なくてもクッション性が悪くなり、そのまま履き続けると膝や足首に負担がかかるという。それは避けたい。

なるべく正確に走った距離を記録すべく、Nike Run Clubというアプリを使い、600kmというゴールを今日達成できた。ささやかだが、達成感がじわっときた。

よし、明日も、Be Happy!

コメント