Focosというカメラアプリ。

ガジェット

以前にも書いたが、未だに第1世代のiPhone SEを使っている。カメラの性能は数世代古い。iPhoneに限らず最新のスマホには2つも3つもカメラが付いており、マクロ、望遠、広角と、ちょっと良いコンデジも負けそうな機能がついている。

私がiPhone SEで写真を撮るにあたりもっとも残念なのは、いわゆる「背景ボケ」をうまく作れないことである。ポートレートモード もない。

偶然「Focos」というアプリを見つけた。アプリの説明によると撮影後にも背景ボケが簡単に作れるという。早速ダウンロードしてみた。もちろん最初は無料である。

早速試し撮り。モデルは先日ガチャでゲットした「お祈りするカバ」。

Photo taken with Focos

撮影後、Focosを使って絞りを変えてみたのがこちら。

Photo taken with Focos

いやいやいや、これ、上等でしょう! ボケ方が不自然という人もいるかもしれないが、今の私のニーズを満たすには十分である。使い方も超簡単で(詳細は他のサイトに譲るとして)無料でここまでできれば満足である。

カメラの性能を上げるためという理由だけで高価な最新のiPhoneにしたいと思ったことがあった。でも10万出せばそこそこのミラーレスがズームレンズ付きで買えてしまうかと思うと、つい躊躇していたのだ。今となっては、なんとなく得した気分。

今は被写体を探すために外に出ることはできないので、部屋にあるものでも撮りまくって遊びたい。

新たな楽しみができて、明日も”Be Happy!”