自粛延長

雑感

ゴールデンウィークが今日で終わる。当初の緊急事態宣言は今日まで予定だったが当然のように延長された。とりあえず月末まで。ただ、地域により業種によっては、条件付きではあるものの、明日より自粛が緩和されるところもあるようだ。

感染拡大を抑えることと経済活動をなるべく止めないこととのバランスに関しては当初から言われていた。ある程度感染の広まりが鈍化してきているなら、最大限の注意は払うものの経済活動を徐々に再開するのは当然であろう。個人も法人も行政も早く戻したいのだ。

ただ、多くの地域は単純に自粛が延長された。今緩めるわけにはいかないという専門家の意見よるところが大きいと聞く。他の完全にロックダウンしたような国とは異なりユルユルの自粛なのだから、全国的に自粛が緩和されるまでにはまだまだ時間がかかりそうだ。

なんども指摘されているが今回は長期戦である。なので自粛延長のアナウンスは当然である、と私は思っていた。でも世間では先月の段階で既に自粛ストレスがどうのという話題がネットで溢れ始め、メンタルケアの必要性が指摘されている。便利さ/自由さが多少制限されたことに耐えきれない人が案外多くいるものだと感じる。

今回のコロナ禍を「戦争」と喩えた記事を以前にみた。もちろん本当の戦争は知らないし、戦後の厳しい時代の様子も肌感覚でわかるはずがない。しかしながら、食べ物も満足の得られず生きること自体が大変だった時代と比べれば、今の状況はそこまで最悪ではない。価値観さえ上手くコントロールできれば割と楽に乗り越えられると思う。

そんなことを自分に言い聞かせつつ、明日も”Be Happy!”