オンライン飲み会

雑感

言わずと知れた、今やできるものならなんでもオンラインでやってしまおうという中で、最もポピュラーに行われているのがこれだろう。最初のうちは対面の飲み会と比べて安上がりとか、酔った後電車に乗って家に帰る心配がないとかメリットが強調されていたが、今やSNS上ではこれ自体がストレスになってきている人もいるという。

私の場合、人と話をすることが仕事の一部なので、会えない以上オンラインで話をするしかない。コロナ禍以前も海外在住の人たちとはオンラインでミーティングをすることはよくあった。というか、今でもやっている。ただ、あまりネット環境が良くない場所だと画像を映すわけにはいかず、声とあらかじめ送られた資料を見ながらである。

さすがにオンライン飲み会を音声だけでやる気はしない。途中映像が止まることを覚悟で海外在住の方とSkypeを使ってやってみた。

本来なら今頃はその地に行き、普通に飲みながら話をしているところだ。なので、こういう形で飲みながら話すというのは新鮮でもある。多少のタイムラグがあったり、画像が荒かったり、飲み物を取りに行くのに画面から急に消えたりはするが、だらだらせず時間を決めて切り上げるにはちょうど良いかもしれないと思った。

使うアプリによっては背景をボカしたり背景を綺麗な写真にしたりすることができ、自宅感を無くしプライベートも守ることができるという。私の場合は仕事のミーティングは音声のみ、オンライン飲み会は映像付きで、という使い方をすることでメリハリを持たすこともできる。

まずは好印象。次のオンライン飲み会を楽しみにしながら、明日も”Be Happy!”