Apple Pencil

ガジェット

届いた。iPad Air用なので第1世代の古いタイプである。早速開封し、充電。んで、次はペアリング。

ん?反応しない。一度抜いてまた差し込んでみる。しばらく経っても何も表示されない。ググってみると、こういう場合の対処方法がいくつも出てきた。私の場合は一度本体を再起動してみたところ、今度は上手く認識してくれた。

早速メモアプリを開き書いてみる。おおおおお、確かに、mini2+普通のタッチペンの書き味とは比べ物にならない。まさに紙にペンで書いているような反応である。

ご承知のように、Apple純正以外に「Logicool Crayon」という商品もあり、ちょっと迷った。比較サイトも色々みてみた。違いは筆圧感知の有無だけで、私はプロのデザイナーでもないし絵を描くつもりはないのでCrayonにするつもりだった。

しかしながら、直前になって筆圧感知にすこぶる魅力を感じてしまった。かっこいい漢字をかきたくなったのだ。ついでに、絵も描いてもみたくなった。コロナ禍で時間ができたことも理由の1つかもしれない。

とにかく新しい「おもちゃ」を使うのは楽しい。今は落書きしてるだけだけど、先ずは、相応のお絵描きアプリをダウンロードして遊んでみたい。

楽しいことが1つ増えて、明日も”Be Happy!”