久しぶりの天狗さま

健康

コロナ禍以前は月に1度はどこかしらの山に歩きに行っていた。日帰りだったり、1泊だったり、少し遠出して2〜3泊だったり。前回(直近)の山歩きは2月の裏磐梯でスノーシュートレッキングをやったのが最後だった。

あれから半年以上が過ぎ、感染症対策に気を使いながら近場のどこかへ歩きに行くことにした。私の中で最もお気軽に行けるのが鎌倉周辺である。「鎌倉アルプス」という名もある通り、ちょっとしたトレッキング気分が味わえる。

その入り口の1つのお寺の奥に立ちはだかっているのがこの天狗さまだ。正確には天狗さま達と言うべきで、数体の大小様々な天狗さまが斜面に立ち並んでいる。

いつもなら素通りし、さっさと裏山に入っていくのだが、久しぶりに見た天狗さまの顔はいつもに増して強面の様相に見え、なんとも力強いエネルギーを発しているかのようだった。

今回は2時間ちょっとでまわれるオーソドックスなコースを歩いた。途中驚きがいっぱいあったが(詳細は別途)いつものように鶴岡八幡宮の前を通り鎌倉駅に行く途中、小町通りを覗いてみると人だらけ。マスクをしている人は多いけれど、人は密集している。この様子を天狗さまはどう思うのだろうか。そんなことを思いつつ帰路についた。

何れにせよ、久しぶりに緑の中を歩き回り自分としても山歩き再開の準備ができた気分である。気分が爽快になったところで、明日も”Be Happy!”