台風14号

雑感

太平洋の南側から上がってくる台風は沖縄/九州のあたりで北東方向に進路を変え、本州に沿って北上するものだと思っていた。もちろん北東方向に進路を変えた後は微妙に角度が変れども、東(北東)方向にそのまま真っ直ぐに進み、東北や北海道の東側の海上で熱帯低気圧になり消滅する。

先週のいつだったか、台風14号が発生した際に、各国の気象関係の機関が今後の進路予測を地図上にまとめたものが報道されていた。日本の気象庁を含め多くが、多少の違いはあっても、通常の台風の進路である「く」の字を下から上になぞるような矢印を描いていた。

ところが、報道ではどこの国の機関までは明示しなかったが、十数個あった矢印の中で確か2つだけ関東南部で南に進路を変えるものがあった。たまたま見た報道では「この南方向に変わるのはさすがに無いでしょう。」とか言っていたのに、実際にはその通り伊豆七島を舐めるように小笠原方向に進路を変えている。まさにUターンしている。このパターの進路で台風が進んだことは少なくとも私の記憶にはない。

日本の気象庁は昨日の段階でもまだ東に抜ける進路予測をしていた。それに比べ、まだ九州地方に近づく前にこのUターンを予測していた機関の予報は凄いとしか言いようがない。気象予報がいかに難しいかはよく分かるし、気象庁が決して劣っているわけではないので、なおさらこの進路を当てた機関があることに驚いた。

予報の精度が上がれば対応もしやすくダメージも少なくて済むだろう。より一層の予報精度を期待しつつ、明日も”Be Happy!”